忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

四月花語


四月, 春色依然正在上演一場濃烈絢爛的花事,百花開到荼蘼花事了。 樓前樓後的粉白色櫻花早早開放凋謝,而樓下粉紅色的櫻花此時正開放得如火如荼,俏立在春風中,等微風劃過,它那秀色可餐的身姿頻頻向路過的行人點頭致敬。田野裏粉色的桃花依舊笑著春風,桃之夭夭,灼灼其華,似乎每個讚賞桃花的人都會描寫到這一句,只因桃花太美,就像一位妖嬈傾城的狐媚女子,讓人過目不忘,看後讓人無不心動,心旌蕩漾。而潔白似雪的梨花更像是一位矜持端莊的maggie beauty 暗瘡大家閨秀,披著一身的素色,守著一顆清純如玉的素心,只等遠方那個有緣之人能夠讀懂它的素心,愛憐它的素色。現在想想,人們形容嬌麗女子哭泣時那楚楚可人的模樣叫做“梨花帶雨”也不無道理。細細品讀著蘇軾的那首《東欄梨花》:“梨花淡白柳深青,柳絮飛時花滿城。惆悵東欄一株雪,人生看得幾清明。”,詩人借寫梨花楊柳等春景來表述春光易逝,人生苦短的珍惜之情。是呀,花開花謝如流水匆匆,或許人們還無暇顧及欣賞它們,桃花的魂梨花的瓣就已經香消玉殞了,只有待明年的春天再來欣賞它們的芳姿了。不過花有重開日,人無再少年,所以,親愛的人們,我們更應該珍惜每一個花開的日子,珍惜陽光明媚的每一個日子。

或許是以前的我,心太忙碌,並沒有太在意春天裏開放在我身旁的花花草草。直到這個春天,我的一顆悠然心,被徹徹底底地放牧在春風裏。這個春天,我喜歡在陽光充沛的午後,走在草木葳蕤的小徑上,感受著吹面不寒楊柳風的愜意,看那一根根垂掛湖面的楊柳條,在微風徐徐中,把自己搖曳成一幀令人賞心悅目的中國畫。湖畔那一棵棵嫵媚柔曼的楊柳多像一個個顧盼生姿的浣紗女,它的倩影倒映在湖中,它的風骨卻長久留在人們的心間。而小徑的兩邊,一種紫色的小花亭亭玉立地默默開放著,它有著蘭花的清幽,又恰似滿天星那樣平凡。後經好友指點迷津才知道這種花叫做“二月蘭“,學名叫做“諸葛菜”,果然是花如其名。關於這種花還有一個動人的傳說,相傳諸葛亮當年率軍出征時為了充足軍糧,便下令士兵廣種這種植物,後人就把它叫做“諸葛菜”。後來看到季羨林老先生的那篇散文《二月蘭》中描寫到:”小花開得淋漓盡致,氣勢非凡,紫氣直沖宵漢,連宇宙仿佛變成紫色的了。”讀到這我不禁心生莞爾,原來美好的maggie beauty 暗瘡事物總是相通的,無論多麼樸素平凡的事物,只要它散發出美麗的氣息,就會贏得許許多多人們的喜愛。正如三毛說過的那句經典名言:“你若盛開,清風自來。”這一片紫色的花海還讓我聯想到浪漫多彩的薰衣草莊園,是誰曾在我耳畔說過,等到我們老時,就解甲歸田,在鄉下蓋一所房子,種花侍草,再種一些綠色天然蔬菜,無化肥農藥殘留物,養幾只小雞,每天看小雞啄米的場景。最主要的是在房前屋後,都種滿大片大片的薰衣草,等到花開季節,紫色花海,嫣然成流,花香滿溢,長駐心田。這是不是也是你一直想要的日子呢?不聞悲喜,不爭朝夕,只聞花香和書香。

在一個週末的午後,我在不經意間邂逅了一樹的海棠花,此時的海棠花正開得如癡如醉,一朵朵粉嫩嬌豔的花朵讓它身旁無數的花兒黯然失色。我這才覺得海棠花就好比牡丹花那樣雍容華貴,雖然海棠花沒有像牡丹花那樣,留給後人“唯有牡丹真國色,花開時節動京城。”這樣神采飛揚的詩句,但也顯得格外的清麗婉約。主要體現在李清照的那首千古傳頌的宋詞中:“試問卷簾人,卻道海棠依舊。知否,知否?應是綠肥紅瘦。”綠肥紅瘦,這短短的四個字卻道出了暮春的殘景,同樣闡述了光陰易老,人生短暫的哲理。小蕾深藏數點紅,海棠花的花苞要比其他花的花苞濃密,所以它盛開時顯得尤為絢爛多姿。素雅的白玉蘭高高地掛在樹枝頭,儀態優雅,素潔安靜。它像出淤泥而不染的荷花那樣昭告路人:只可遠觀,不可褻玩焉。玉蘭花就這樣清雅地裝點著這個春天,送給人們一個清透如琉璃般的聖潔天地。迎春花是春天裏最不計較名份的花兒了,它是春天的使者,它把春天的訊息在第一時間裏傳遞給人們,然後等到百花齊放時,它也只是自顧自地把那一大片一大片的金黃色塗抹在縱橫阡陌上。鄉村田野間金黃色的油菜花,絕對算得上是一道亮麗的美景,那成片的油菜花田給農民朋友們帶來了心靈的愉悅,收穫的希望。

最美不過人間四月天,四月初來乍到,公園裏的鬱金香盛開了 ,鬱金香是荷蘭的國花,荷蘭因為鬱金香而馳名天下。顏色各異的鬱金香被劃分整齊地交相開放,鬱金香色彩豔麗,花型漂亮,當你從遠處欣賞它們時,仿佛那一片五彩繽紛的花海是由一朵朵假花組成的maggie beauty 暗瘡,因為那種美好像美得不真實,再加上它們的葉子比較少,所以令不少人遠觀它們誤以為是假花呢!當我靠近它們,蹲下身來,慢慢觀賞它們,無不驚歎那一根根細細的花莖上面,托著一個個豔麗無比的花朵,那樣的美渾然天成,美得令人蝕骨錐心。

春天是上帝送給人們的萬花筒,四月是萬花筒裏最美麗的一抹亮色。詩中寫到:“人間四月芳菲盡”,四月的左邊是繁花似錦,右邊是落花成塚。可是這有什麼關係呢?接下來的五月,薔薇花將悄悄爬上籬笆,石榴花把五月染紅。到了六月,梔子花開,弄花香滿衣,而荷花正含苞欲放,等待去年的那只蜻蜓立上花頭......
PR

努力を靑春、勇敢に甘んじて平板


昨日の文章を見て、今の文章で批判の多くの若い人は一人で行ってチベット、一人自転車で旅行に行き、いつもの夢は世界一週旅行を、これらの若者の中で一部の人はこんな事が条件は依然として堅持して、自分の安否をよそに、親の心配葡萄酒は、未熟わからない担当表現。ただひたすらの群れは、同世代に吹聴して自分の勇敢さと違う。

ますます多くの若い人に旅行客穷游車に乗り、リュック旅行。私たちはひっきりなしに発明より新鮮で刺激的な旅行は旅行方式で、たくさんの人にとっては、道のために自分の夢を見つけて、見知らぬ土地での真実を見つけるの自分。わけではすべての人のために旅行で旅行、私たちはいつもの習慣を極力自分の1段の旅行を描いたどんな刺激、道端の風景を描いたどのように美しいものに当たって、最も美しい写真を書いて最もはらはらの物語は、口の上で言うことと分かち合って経験と、おめでとう実は多くの人の心にほしいのはあの人の羨望と二つを人に褒め賛美換膚、二つの勇敢さと執着して、満足して小さい虚栄。

結局、この時代の私達の多くの人に認めない勇気平板で、自分の生活が平凡で、私たちは他の人とは違う服を着て、他の人と違うの本が好きで、他人と違うもの、他人の行ったことのない場所で、努力して自分の人生を他人とは違う私たちをはじめとして未来に描いても素晴らしいの想いは、一人一人の未来を見てもそんなにの最高潮。

覚えていない何から私たちはいつも人を羨むあの起伏儚い人生、甚だしきに至っては恥ずかしくて触れ平板安らぎ。覚えてる前にもう卒業して二年の先輩と一緒に食事をし、彼は淡い一言、「今私達のこれらの兄達は一緒に座って食事をしないことを話して、未来の全はどのブランドの良いどの地域の粉ミルク、家の環境がいいまだ高くない。」

いくら若い時の私達はどんなに瘋狂、最後はやはり愛し平板な流れの中で、今後、勇気に平板には、最大の違いは平板。

誰でもいい陶酔旅の風景だが、人は一人一人の生活も前向きな惨憺。人は一人で自転車に乗ってチベットに行き、私はまだ一人リュック世界一週、これらもしないで勇敢に平板な勇気。

罗曼罗兰言った:世の中は一種の英雄は、生活は生活を愛して真相を認めた。

私たちは靑春の中でいかに傲慢で横暴であるなしに、私たちは、どれほどの強情で、くやしくて平凡で、私たちは自分の未来を考えても素晴らしいたびに、私達の議論と未来この話題に目を輝かせて意味も、その他。

私たちは誰もいない静かな夜、一人でベッドに横たわって考えられないかもしれないが、数年、20歳で、1つの愛した人と結婚する、そして一生平々凡々、生活必需品のため、毎月多くお金を儲けることができるありったけの知恵をしぼって、毎晩子供にミルク代や通学の金で輾転反側ながら、夫をかき集めている繰り返し何度も言った故旧とながら、目覚まし時計のように定期を忘れないように両親の挨拶、毎日家に帰って親愛なるなど、より多くのお金を儲けた時間がきっと君を連れて遊びに出ていって一回りしながら、自分に教えて来年きっと変えていい車、生活はこの機械のように熱くて、数年後にはもっと多くのお金がないと、夫は一回り旅行に出かけて、交換台は喜んでいないあの自分は心の中で長年の試乗車。これは私達の多くの人の生活に直面し、今の私たちの想像する勇気もないかもしれない。

私たちはこんなに執着高潮、渇望刺激から、自分の平凡な、嫌いこまごました生活。私たちの勇気ある冒険、なかなか勇気がなくていって受け入れ平凡。

つくづく考える私たちのこの一生で、努力の年後の成果は見えない、ある偶然獲得の成功とは、愛のあなたの人を愛して最後に恨み。かつての友人と笑う泯恩讐;一度忘れがたい旅行新婚の夜になって、親のあの日を除いて、これらのクライマックスのほか、人生の多くはは平板で流れて、平板である日あなたは毎日出勤して数えて何歩の道。これは生活の真実がある日私達はこの事実かどうか後本当に勇気を愛し続けるそれ。

私たち留学夢諸国を、私たちはありったけの知恵をしぼって自主創業新奇をてらう、他人と違う夢を持って、私たちは旅に一面の見知らぬ土地から1段の新鮮な生活、私たちが自分の手で創造して1段の伝奇人生、私たちはいつも夢のその不可能な夢努力のしばらくの人と違う人生は逃げている現実の平板を避けている生活の責任。

子どもの頃読んだ『ドン・キホーテもう一度セルバンテス』は、その時、少年にとって深いかもしれない、いくつか事を経験した後、だんだん好きになったドン・キホーテのようで、彼は言います:私達は不可能の夢夢。もう何度この言葉に感動されて、「今はもうこの本を開く時に突然悟って、一人の一生が夢のためにこんなに狂おしいあか抜けて置いて、すべての責任と愛の人はどんなに幼稚な行為で、作者は彼を批判するのではなく、彼は勇者彼はただ一生すべて現実逃避と責任の臆病者。真の勇者は思い切って、きっと自分の人生に直面して惨憺。

現在のわれわれの多くはこのようにして、隠れてという夢の避難港について、逃げているすべて現実と生活の風雨。夢になった私たちは一切の責任と現実から最高の言い訳。

すべての人が若い時清涩の歳月の中にも、考えずのような幻想的で、しかし私達が30歳の時に、30歳をそっと過去、生活は非情なカッター、私たちの姿を変えた。長年後で、当時の球場の上を夢に入っていく国家チームのバスケットボールの少年を開きました。大小の会社は、当時のギターを抱え天下を取って、一生と隣り合わせの少年は音楽が1名の小学校の音楽の先生、かつてそのずすべて舞技ずば抜けて飛び込む一生舞の少年が合格した公務員、毎日お茶を飲んで新聞を読む。

歳月は非情で、生活は殘忍で、しかし私達を受けなければならない、勇敢に直面しなければならない。何年後、私たちの生活はどんなに惨めな味がない限り、私たちに対して堂々と、本当の英雄、不死身の勇士。

靑春があまりに美しいのでつかの間、目覚めて鏡の中の自分を見てみて、それはそれはそっと立ち去る。うちにはまだ靑春の中で、いのちの一人を愛して、一度は感じて歩いた旅行に行って、したいことを、君に逢いに会いたい人、うちにはまだ20歳の年月の中で、たくさんし80歳時に自分の顔にも思い出して思わずたゆうから微笑みの事、うちには靑春のしっぽで、努力してこの短い靑春を楽しむ。

靑春が死んで、私達は一緒に座ってないようにかつて言い放っを飲み放題されたとき、我々はどのブランドの粉ミルクから話をお金ではなく描き出す未来また安いの構想に勇敢なを受けこの平板。

どんな未来、私達はすべて私達の人生に文句を言う必要はない。人によって一生すばらしいが、多くの人の一生には平平凡々なことで。もし私たちは驚天動地の大きい事はすることができて、そんなにの小さな人物にかわいい子供を親に孝行老人に優しい子にして、あなたの別の一半一簡単で幸せな人生、このような豊かな生涯。

努力の靑春を楽しむ、そして勇敢に平板。

失って行く世界、一葉一菩提。もし時間がない心地よい場所を心がけ、生活している人は、それらの発見に平凡で細かい美、これより一つしかない世の中の美しい景色が打動の人は幸せの多いやすい。

生活の真相を見極めるにこれが好きで、それに続く。

私たちもそう。

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R