忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

人生の三境界


人生には三重の境界で、この三重の境界で1段禅机の言語に説明すると、この言葉は:見て山は山で、水は水を見て、山は山ではない、水は水を見て、山はまだ山で、水は水。

つまり、一人の人生の初めの純粋無垢、まえ玄関で会っ世界、何もかもが新鮮な、目は何何かが見えて、人が彼にこれを教えることは山で、彼は山を認識して、彼にこれを教えることは水で、彼は水を認識した。

年齢につれてだんだん長い、経験した世事の漸は多くて、すぐこの世界の問題を発見した。この世界の問題はますます多くて、ますます複雑で、よくモノクロの転覆で、是非は混淆、無理が物言う、理にかなって歩けない、善人が仇になる、悪人活千年。この段階に入って、人は憤激し、不平、憂慮、疑問、警戒して、復雑な。人は何かを再び容易に信じたくない。人はこの時見山も感慨を見ても、水を嘆き、借古讽今、面当て。山の自然は再び単純な山、水自然は再び単純な水。すべては人の主観的意誌の力を利用する、いわゆる良い風で、私を送って靑空。一人でもし滯在は人生のこの段階であれば、苦しみのこの生命。人はすぐこの山を眺めていたあの山高、間断がなくよじ登って、争い、人間と比べて、どのように身を処します、どうする処世、ありったけの知恵をしぼって、あらゆる算術を使って、永遠に満足の一日。この世界にはもともと丸い人以外にも、人、日のほかに日、循環して、長くて流れ。人の命は短い有限で、どこに行くことができると永遠と無限に計算しますか?

多くの人が人生の第二重境界は人生の終わり。一生苦労を求めて、一生、お高くとまっている一生、最後に自分を発見して自分の理想に達していないので、殘念に思うこと。しかしいくつかの人々は自分の修行を通じて、ついに自分を向上第三重人生境界。突然悟る自然回帰。人がこの時に専念してやるべきことは、他人とも言い争う。君が紅塵が、私は清风朗月。蕪雑世俗の事に直面して、笑い飛ばしましたが、なぜました。この時の人が見て山を見る山、水は水。まさに:人は人は、そのがなくなさい;世本は世、は丹念に処世はもは本当の人と処世ました。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R